女性更年期障害と頭痛

女性更年期障害と頭痛

女性の一生は大きく五つの時期に分けられます。
幼児期、思春期、性成熟期、更年期、老年期となっています。

幼少期

赤ちゃんから小学生中学生くらい

思春期

生理が始まる年齢から高校生

性成熟期

20歳〜40歳(女性ホルモンのバランスが安定する成人)

更年期

45歳〜55歳(閉経前後の10年間)

老年期

55歳〜(更年期が終わってから)

 

更年期とは

更年期とは卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌が急激に減少し、閉経を向かえる前後10年間で、年齢的には、45〜55歳くらいの時期といわれています。
更年期には女性の約8割がなんらかの不調に悩まされ、症状が軽いものを「更年期症状」、更年期症状が酷く日常生活にも支障が出るものを「更年期障害」とよびます。

 

個人差がありますが、頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、ほてりやイライラなど憂鬱感などの症状が現れます。

 

女性更年期障害の頭痛

更年期障害には身体的・精神的に異変が起きる2系症状があります。
女性ホルモンの不足は、自律神経、脳、骨、血管などにも作用し、さまざまな症状を起こし、頭痛も起こりやすくなります。

 

女性更年期障害の頭痛の原因

女性ホルモンのバランスが乱れ、脳への血流が不安定になり、自律神経が乱れてしまうことが原因だといわれています。
他にも、肩こりや身体の歪み、眼精疲労なども関係あるようです。

 

女性更年期障害の頭痛の特徴

  • 頻繁に痛む
  • 長時間痛む
  • ズーンと頭が重い
  • 1日中痛むことも

 

女性更年期障害の頭痛の対策

  • リラックスする
  • 目、身体の血行促進
  • 冷え対策
  • 湯船にゆっくり浸かる

 

女性更年期障害の頭痛の対策

更年期障害の時期に起こる頭痛を頭痛薬で抑えようとする人も多いのですが、女性更年期障害には女性ホルモンが関わっているので、薬が効かない場合が多く、逆に頭痛薬の副作用で胃や肝機能を傷めてしまいます。
更年期障害を治療することで頭痛を和らげることができそうです。

 

 

 

 

 

 

女性更年期障害と頭痛関連ページ

若年性更年期障害と頭痛
頭痛は病気です。頭痛といっても種類も原因も人それぞれ違います。正しい知識と自分にあった頭痛対策・解消方法で頭痛の症状をやわらげることができます。
男性更年期障害と頭痛
頭痛は病気です。頭痛といっても種類も原因も人それぞれ違います。正しい知識と自分にあった頭痛対策・解消方法で頭痛の症状をやわらげることができます。