副鼻腔炎による頭痛

副鼻腔炎による頭痛

副鼻腔炎は、上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)という4種類で全ての副鼻腔は小さな通路で鼻腔とつながっています。

 

副鼻腔炎は、副鼻腔が炎症を起こし、ウイルスやアレルギー、感染が原因で起こります。
副鼻腔の洞に膿がたまり炎症を起こしたり、副鼻腔と鼻腔が繋がっている部分が腫れて狭くなってしまいます。

 

炎症を放置していると、副鼻腔から脳にまで炎症が広がる場合があり危険です。

 

 

副鼻腔炎による頭痛の症状

  • 重に前頭部、顔面に痛み
  • 鼻みず、鼻づまり
  • 眼の奥の痛み
  • 発熱
  • 歯痛・口臭

 

副鼻腔炎による頭痛の原因

  • 鼻炎などがきっかけとなって、副鼻腔に炎症が起こる。
  • 花粉症などによるアレルギー性鼻炎の慢性化
  • 上の歯の虫歯・歯槽膿漏の進行

 

痛みの特徴

  • 群発頭痛に似た激しい頭痛
  • ハンマ―で殴られたような痛み
  • 顔面や前頭部にジワーッとした持続する鈍痛

 

治療法

  • 炎症を起こしている部分は、外科手術でて取り除く
  • 軽い場合は、薬を使用して対症療法
  • 鼻の粘膜の炎症を抑えるためのスプレー式点鼻薬

副鼻腔炎による頭痛関連ページ

脳梗塞、脳出血による頭痛
脳や体の病気で頭痛がおこる症候性頭痛は、早期の治療をしないと後遺症が残ったり、命にかかわることもある危険な頭痛です。
くも膜下出血による頭痛
脳や体の病気で頭痛がおこる症候性頭痛は、早期の治療をしないと後遺症が残ったり、命にかかわることもある危険な頭痛です。
脳腫瘍(頭蓋内腫瘍)による頭痛
脳や体の病気で頭痛がおこる症候性頭痛は、早期の治療をしないと後遺症が残ったり、命にかかわることもある危険な頭痛です。
慢性硬膜下血腫による頭痛
頭蓋骨の内側の硬膜にじわじわと出血が起こって血液の塊(血腫)が出来た状態を慢性硬膜下血腫といいます。
高血圧による頭痛
高血圧による頭痛は、血圧が急激に上昇することで、脳内の血管が急激に広がり、脳内の神経が刺激されて頭痛が起こります。
髄膜炎による頭痛
髄膜炎は、脳、脊髄をおおう髄膜の炎症です。 脳や脊髄の表面をおおっている髄膜にウイルス、細菌、真菌などが感染し、急性の炎症が起こります。
側頭動脈炎による頭痛
側頭動脈炎は巨細胞性動脈炎とも呼ばれる、側頭部にある側頭動脈に炎症がおこる原因不明の病気です。