高血圧による頭痛

高血圧による頭痛

日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインでは、収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上を高血圧と定義しています。

 

高血圧を治療せず放置し続けると、脳卒中・動脈瘤・心筋梗塞・腎障害などの病気のリスクが高くなりますので、高血圧による頭痛などの症状がなくとも、治療を受けるようにして下さい。

 

また高血圧の方全てに頭痛が見られるというわけではありません。

 

高血圧による頭痛の症状

  • 血圧の高い方は起床直後に頭痛が起こる
  • 頭が思い感じがする
  • 後頭部が痛む
  • 手足がしびれる
  • 吐き気
  • 意識障害

 

高血圧による頭痛の原因

  • 血圧が急激に上昇することで、脳内の血管が急激に広がり、脳内の神経が刺激されて起こる。
  • 遺伝的要因では、両親の一方あるいは両方が高血圧であると、本人も高血圧を発症しやすくなります。
  • 脳に蓄積された炭酸ガスを排出するため
  • ストレスや肥満
  • 腎臓障害
  • 飲酒や喫煙

 

痛みの特徴

  • 脈拍にあわせてズキズキするような痛み
  • 塩分の過剰摂取の関与も強いとされています

 

治療法

  • 原因となっている病気、高血圧の治療が優先
  • 生活習慣の改善や食事療法
  • 減塩やストレス解消

高血圧による頭痛関連ページ

脳梗塞、脳出血による頭痛
脳や体の病気で頭痛がおこる症候性頭痛は、早期の治療をしないと後遺症が残ったり、命にかかわることもある危険な頭痛です。
くも膜下出血による頭痛
脳や体の病気で頭痛がおこる症候性頭痛は、早期の治療をしないと後遺症が残ったり、命にかかわることもある危険な頭痛です。
脳腫瘍(頭蓋内腫瘍)による頭痛
脳や体の病気で頭痛がおこる症候性頭痛は、早期の治療をしないと後遺症が残ったり、命にかかわることもある危険な頭痛です。
慢性硬膜下血腫による頭痛
頭蓋骨の内側の硬膜にじわじわと出血が起こって血液の塊(血腫)が出来た状態を慢性硬膜下血腫といいます。
副鼻腔炎による頭痛
副鼻腔炎は、副鼻腔が炎症を起こし、ウイルスやアレルギー、感染が原因で起こります。
髄膜炎による頭痛
髄膜炎は、脳、脊髄をおおう髄膜の炎症です。 脳や脊髄の表面をおおっている髄膜にウイルス、細菌、真菌などが感染し、急性の炎症が起こります。
側頭動脈炎による頭痛
側頭動脈炎は巨細胞性動脈炎とも呼ばれる、側頭部にある側頭動脈に炎症がおこる原因不明の病気です。