くも膜下出血による頭痛

くも膜下出血による頭痛

脳を保護する膜は、外側から角膜、くも膜、軟膜の3層。
脳内の血管が破れ、くも膜の内側で出血してしまうことをくも膜下出血といいます。手足の麻痺や意識障害がないと軽く考えがちですが、クモ膜下出血は再発の可能性の高い病気です。

 

若い世代でも、脳動静脈の奇形が原因でおこることがあるが、40〜50歳代の働き盛りの人に多くみられます。

 

 

くも膜下出血による頭痛の症状

  • ハンマーで殴られたような突然の激しい頭痛
  • 肩コリがあり、首すじはバンパンに硬くなる
  • 視野の障害、痙攣、手足の麻痺を伴うこともある
  • 重症の場合は意識障害が出たり、昏倒することもある
  • 吐き気や嘔吐

 

くも膜下出血による頭痛の原因

脳の表面にある動脈にできたコブ(動脈瘤)が破れて、脳の表面とくも膜の間で出血が起こる
脳の表面の動脈が破れ、脳や脊髄を包んでいるクモ膜下腔の脳脊髄液中に出血した場合に頭痛がおこる。

 

痛みの特徴

  • 今までに経験したことのない痛み
  • ハンマーで殴られたような痛み
  • 脳膜が刺激されることにより、うなじや後頭部に割れるような激しい頭痛
  • 脳の血管に出来たこぶが破れてガンガンする強い痛みが続く

 

治療法

  • 危険な状態なので、すぐに破裂した動脈瘤をふさぐ手術が必要
  • 動脈瘤破裂は出血量が多いので一刻も早く診断し手術を受ける必要がある

くも膜下出血による頭痛関連ページ

脳梗塞、脳出血による頭痛
脳や体の病気で頭痛がおこる症候性頭痛は、早期の治療をしないと後遺症が残ったり、命にかかわることもある危険な頭痛です。
脳腫瘍(頭蓋内腫瘍)による頭痛
脳や体の病気で頭痛がおこる症候性頭痛は、早期の治療をしないと後遺症が残ったり、命にかかわることもある危険な頭痛です。
慢性硬膜下血腫による頭痛
頭蓋骨の内側の硬膜にじわじわと出血が起こって血液の塊(血腫)が出来た状態を慢性硬膜下血腫といいます。
高血圧による頭痛
高血圧による頭痛は、血圧が急激に上昇することで、脳内の血管が急激に広がり、脳内の神経が刺激されて頭痛が起こります。
副鼻腔炎による頭痛
副鼻腔炎は、副鼻腔が炎症を起こし、ウイルスやアレルギー、感染が原因で起こります。
髄膜炎による頭痛
髄膜炎は、脳、脊髄をおおう髄膜の炎症です。 脳や脊髄の表面をおおっている髄膜にウイルス、細菌、真菌などが感染し、急性の炎症が起こります。
側頭動脈炎による頭痛
側頭動脈炎は巨細胞性動脈炎とも呼ばれる、側頭部にある側頭動脈に炎症がおこる原因不明の病気です。