症候性頭痛

症候性頭痛

症候性頭痛ははっきりとした原因のある頭痛です。
「脳の病気による頭痛」と「全身の病気による頭痛」で、慢性硬膜下血腫、くも膜下出血、脳腫瘍、カゼなどの感染症による頭痛、代謝障害による頭痛などがあり命にかかわる頭痛もあります。

 

  1. 今まで経験したことがない激しい頭痛
  2. 突然起こった頭痛
  3. 突然の嘔吐を伴う頭痛
  4. だんだんにひどくなる頭痛
  5. 麻痺・シビレ・痙攣を伴う頭痛
  6. 意識朦朧な頭痛
  7. 言語障害、呂律が回らない頭痛
  8. ぼけを伴う頭痛
  9. 視力が弱わり、ものが二重に見える頭痛
  10. めまいや高熱を伴う頭痛
  11. きばる、りきむ、頭を揺らすとひどくなる頭痛
  12. 長期間続く頭痛

このような症状が見られる場合は危険な状態かもしれないのですぐに病院へ!

症候性頭痛記事一覧

脳梗塞、脳出血による頭痛

脳梗塞とは、脳の血管が細くなるか閉塞し、血流障害が生じてその血管により、養われている脳が壊死にいたる病気です。脳出血とは、脳の血管に血栓などが詰まることで、脳血管障害が起こり、血脳内の血管が何らかの原因で破れて脳の中に出血した状態をいいます。重症の場合は死に至ることがあります。脳梗塞や脳出血などの脳...

≫続きを読む

くも膜下出血による頭痛

脳を保護する膜は、外側から角膜、くも膜、軟膜の3層。脳内の血管が破れ、くも膜の内側で出血してしまうことをくも膜下出血といいます。手足の麻痺や意識障害がないと軽く考えがちですが、クモ膜下出血は再発の可能性の高い病気です。若い世代でも、脳動静脈の奇形が原因でおこることがあるが、40〜50歳代の働き盛りの...

≫続きを読む

脳腫瘍(頭蓋内腫瘍)による頭痛

脳腫瘍はがんの一種で、頭蓋内の骨・髄膜・脳などの組織から発生する新生腫瘍のことです。最初から脳にできる場合と、他の部位にできたがんが転移して、脳腫瘍となる場合があります。高年齢になるほど脳腫瘍になりやすいとわれています。脳腫瘍(頭蓋内腫瘍)による頭痛の症状頭痛の前にふらつき、意識障害、視覚・聴覚の異...

≫続きを読む

慢性硬膜下血腫による頭痛

頭部外傷から数週〜数カ月の後に頭の中に出血が起こることがあります。頭蓋骨の内側の硬膜にじわじわと出血が起こって血液の塊(血腫)が出来た状態を慢性硬膜下血腫といいます。高齢者の場合は、脳梗塞の予防薬(アスピリンやピクロジンなど)を服用していると、軽い打撲でも発症することがあります。また、はっきりとした...

≫続きを読む

高血圧による頭痛

日本高血圧学会の高血圧治療ガイドラインでは、収縮期血圧140mmHg以上または拡張期血圧90mmHg以上を高血圧と定義しています。高血圧を治療せず放置し続けると、脳卒中・動脈瘤・心筋梗塞・腎障害などの病気のリスクが高くなりますので、高血圧による頭痛などの症状がなくとも、治療を受けるようにして下さい。...

≫続きを読む

副鼻腔炎による頭痛

副鼻腔炎は、上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)という4種類で全ての副鼻腔は小さな通路で鼻腔とつながっています。副鼻腔炎は、副鼻腔が炎症を起こし、ウイルスやアレルギー、感染が原因で起こります。副鼻腔の洞に膿がたまり炎症を起こしたり、副...

≫続きを読む

髄膜炎による頭痛

髄膜とは頭蓋骨と脳の間にあって脳を包み込み、いわば脳を保護するクッションのような役目をしている膜です。髄膜炎は、脳、脊髄をおおう髄膜の炎症です。脳や脊髄の表面をおおっている髄膜にウイルス、細菌、真菌などが感染し、急性の炎症が起こります。無菌性髄膜炎と細菌性髄膜炎があり、ウイルス感染では無菌性髄膜炎と...

≫続きを読む

側頭動脈炎による頭痛

巨細胞性動脈炎(きょさいぼうせいどうみゃくえん)とも呼ばれる、側頭部にある側頭動脈に炎症がおこる原因不明の病気です。炎症によって動脈が赤く腫れ、押すと痛みます。側頭動脈炎は男性より女性に多く、特に60歳以上の高齢者に多く見られます。炎症が目の動脈におよぶと、目のかすみ、ものが二重に見えたり、重症の場...

≫続きを読む