頭痛ガールと学ぶ(^_^)/ズキズキ頭痛の対策と解消方法は?

 

日本人の約30000人が「頭痛持ち」です。

 

そのうち2200万人が緊張性頭痛、840万人が片頭痛、1万人が群発頭痛といわれています。日常生活に支障ある頭痛を、世界中で最低40%の人が経験します。

 

クモ膜下出血・脳腫瘍による頭痛は、毎年約1万人から3万人に発生。

 

近年の欧米の研究で片頭痛の痛みの頻度が多いものは頭痛持ちではない人に比べて十数倍も脳梗塞になりやすく、痛みのたびに小さな脳損傷が繰り返され、蓄積されることで脳梗塞につながるともいわれています。

 

男性よりも女性のほうが頭痛の症状が多く、緊張性頭痛の6割、片頭痛の8割が頭痛ガール(女性)といわれています。

 

約1割の患者さんが病院の初診外来で頭痛の症状を訴えています。
頭痛があっても受診しない患者を入れると,さらに多くの人が頭痛を経験しているようです。

 

現在頭痛の種類は特殊な頭痛を合わせると100種類以上に分けられます。

 

明るい場所に出るだけで頭痛がひどくなってしまったり、仕事や家事に集中できなくなることも。
また頭痛薬を常備していないと不安になってしまう人もいるようで、頭痛薬が効いているうちはいいのですが、薬の大量摂取で逆に頭痛を悪化させてしまうこともあります。

 

まだまだ謎だらけの頭痛ですが、原因が分かることで対策や解消法もきっと見つかります。